いよいよマイナンバー制度がスタート

マイナンバー制度は、平成28年の1月1日よりスタートし、社会保障・税・災害対策の行政手続きに限定して利用されます。

平成27年10月から12月にかけて、地方公共団体情報システム機構より、下記の通知カードを住民票の世帯ごとに郵便書留で郵送されます。

 通知カードは、年齢、国籍を問わず住民票に登録されている人、お一人に1枚、個人番号を通知する紙製のカードです。
※個人番号(マイナンバー)は生涯を通じて利用し、原則、番号は変更できません。

通知カード

社会保障制度や税金の申告などに個人番号を利用する場合には、通知カードの他に運転免許証やパスポートなどが必要となります。
通知カードを、申請により個人番号カードに替えると運転免許証やパスポートなどの提示は必要なくなり、身分証明書としても利用が可能となり便利ですので、必ず個人番号 (マイナンバー)カードの申請はして下さい。

通知カードが、郵便書留で届いたら、まず、①通知カード、②個人番号(マイナンバー)カードの申請書と返信用封筒、③説明書、の3つが入っているか、確認してください。
なお、通知カードは絶対に捨てることなく、大切に保管して下さい。再発行する場合には手数料がかかることがあります。
次に、個人番号(マイナンバー)カードの申請書に、本人の顔写真を貼り、返信用封筒に入れて郵送すると、後日交付確認書が郵送されます。
平成28年1月1日以降に、本人が①通知カード、②交付確認書、③運転免許証など本人確認書類を市区町村に持参すれば、個人番号(マイナンバー)カードを無料で受け取ることができます。

平成27年10月6日 瀬上富雄

home